インストラクター倫理コード

ASAの執行委員会は、インストラクターがASA資格のトレーニングを行うに当たり、以下の倫理コードを守るよう、全てのASAインストラクターへ要求することを2000年秋に議決した。

1. プロとしてのプログラム運営と公平性

  1. プロとして最大限の努力を払い、受講生に最高のトレーニングを提供する。
  2. 受講生個人の基本的な礼儀や慣習、および人間の多様性に対し、尊敬を払うことを言葉と行動によって示す。
  3. 人種、性別、宗教、年齢、障害あるいは国籍にとらわれることなく、受講生を公平に扱う。
  4. 受講生あるいは他との対立に関わることなく、プロとしての責任を果たす。
  5. プライバシーと個人情報の秘密を守る。インストラクターとして知り得た個人情報を、自己の目的に使用しない。
  6. 自分の知識および技術を維持増強し、最高のプロとなるよう努力する。
  7. ヨットトレーニングにおいては、受講生の能力の評価について、誠実に対応する。
  8. 受講生およびスクール経営者の双方に対し、自分に求めるのと同じ誠実さで応対する。
  9. 受講生、インストラクター、スクール、メンバーおよびASAとの間で、活発なコミュニケーションを維持するために努力する。
  10. インストラクターの仕事に関係する法律、および規則を認識し、法律違反に対する責任を負うことを理解する。
  11. 専門家による調査および批判を受け入れる。これには受講生、学校および他者によるものを含む。
  12. 契約や同意した内容、および割り当てられた責任を尊重する。
  13. セーリング・スポーツの重要性に鑑み、公共の理解が深まるよう関与していく。
  14. 同様の社会的活動をする個人や団体へ協力し、成功するよう支援する。
  15. ヨットスクールの教材や資源を使用するときは、適切な手順に従って行う。
  16. インストラクターとしての職務に伴なう多大な影響力と責任に見合うように、身だしなみを整えて指導する。

2. 受講生の安全性確保

  1. 安全な受講環境を、すべての受講生に提供するために、あらゆる資源を使用する。
  2. 受講生の安全確保のため、安全確認書の項目に従って、トレーニング時の注意点を理解してもらう。
  3. 受講生や指導下に置かれた人への安全に対し、最大の注意義務を負う。
  4. 講習時は酒や覚醒物質などを回避し、冷静な状態で安全性を保つ事が出来るように指導する。

3. 倫理コードの遵守

  1. 善良なASAインストラクターとして、私はこのコードの原則を支持し、守ることを承諾する。倫理コードが制定される以前に、ASAのインストラクター資格を得ていた場合でも、おなじく同意する。また私は、この倫理コードから生まれる行動規範に従うことに同意する。
  2. 受講生や他の機関から、私の行動について批判があったときは調査を受け入れ、その結果、インストラクター資格が剥奪されることがあることに同意する。