我流なら2年、青木なら2日



無駄なく上達、青木ヨットスクールがご指導致します。

長距離航海コース、11月に開催決定。詳細はこちらをクリック


我流なら2年、AOKIなら2日

ヨットを学ぶのに、特別な体力や厳しいトレーニングは、必要ありません。激しい訓練が不必要なことは、青木ヨットスクールを受講された、延べ3600名以上の方が証明しています。10歳から75歳の方まで幅広く、ご参加できます。これまで受講された方のアンケートは、こちらで公開していますのでご覧ください。

青木ヨットスクールでは、ヨットの基本をご指導いたします。
シーマンシップとは精神ではなく、ヨットを操る技術のことです。技術は知識と手順で成り立っています。プログラムに従って覚えれば、2日間のスクールで基本が身に付き、その後の上達が格段に早くなるでしょう。
青木スクールのヨット・トレーニングコースでは、ベーシックからアドバンストまで、体系的な技術を身につけることができます。

 

ASAの試験に合格したプロインストラクターがご指導

ASAインストラクター

私たちASAインストラクターが、ご指導します。

当校では世界スタンダードのASAインストラクター試験に合格したプロインストラクターが、お教えします。校長の青木洋は、ASAインストラクター・エバリュエーター資格を、外国人として初めて取得し、体系的なASAヨット・トレーニング法を我が国に導入しました。その青木洋の眼で選んだ精鋭たちが、青木ヨットスクールのインストラクターです。インストラクターを務めさせていただく私たちは、「ヨット技術」はもちろんのこと、「教授法」と「人間性」の両面にわたり、厳しいトレーニングと難しい試験をパスしてきました。
ASAヨット・インストラクターは、授業内容のすべての項目においてプロとして、また一人の人間として誠実に対応します。ASAが定めたインストラクター倫理コードを遵守します。
海の上での基本の基本から聞いてみてください。各レベルの方々の身になって考え、そして答えを出していきます。きっと納得していただけるものと確信しています。

 

世界スタンダードのASAヨット・ライセンス

コースを修了し、実技テストと筆記テストに合格すれば、世界共通のASAヨットライセンスが発行されます。

世界に広がるASAヨットスクール

世界各地のASAヨットスクール

世界各地のASAヨットスクール

ASA(アメリカ・セーリング協会)はヨットの普及のため、知識と技術のレベルに応じて、世界スタンダードとなる資格認定を行っています。

青木ヨットスクールは日本を代表するASA認定校として、卒業生がASAヨットライセンスを取得できるシステムを採用しています。修了すればあなたのレベルを証明する、写真入りASAインターナショナル・ログブックがもらえます。ASAログブックは世界で、85万人以上が所有しています。海外でヨットをチャーターするときに、必要となるライセンスです。ASAインターナショナル・ログブックに貼付けたシールで、あなたが習得したレベルが証明されます。

 

修了後もレベルアップを継続

楽しくヨットを味わうための総合技術、それがヨットのシーマンシップです。奥深く広いヨットの世界は、限りがありません。自己満足に終わっては、もったいないと思います。
ヨットの技術は自分のペースに合わせて、向上の楽しみを、生涯味わうことができます。ビギナーから上級のレベルまで、明確なシラバスと技術体系があります。あなたの努力によって、ASAインターナショナル・ログブックにシールが増えていきます。
ヨットスクールを修了すれば、青木ヨットがご提供するさまざまなヨットイベントへ、ご参加いただくことができます。ご自分でヨットを操縦したいときは、AOKIセーリングクラブへ入会してヨットレンタル、自己トレーニングや、仲間とのクルージングも可能となります。

 


 

VIPプライベートコースをご用意

お忙しい方が、都合の良い時間帯に、一人でも受講できるようにしたコースです。短時間で集中的にコースを受講し、ヨットの技術を身につけることができます。VIPプライベートコースでは、ご自分の艇でトレーニングを行うことも可能です。

お教えするのは、プロインストラクターです。世界各国で信頼されている、ASA(アメリカセーリング協会)の試験に合格したインストラクターが、確立したプログラムに沿って、知識と手順をご指導します。

基本が身につけば、驚くほど早く上達できます。

チームビルディング・コース、チームにCAP効果©

組織にとって、チームのコミニュケーションとパフォーマンスは、最も大切なリソースと言われています。

ヨットでの研修は、危険性を伴う海上をチームでヨットを操縦して、目的地へ到達することがゴールとなります。慣れないヨットを、インストラクターの指導の下で操縦して、目標を達成します。
チームビルディングの研修として、ヨットに大きな注目が集まっています。なぜならヨットによるASA方式のトレーニングは、CAP効果©(1. Creative 2. Attractive 3. Productive)により、チームを活性化させることが、多くの実績により解明されてきたからです。