アドバンスト・コース

アドバンストコース、5つの目標

  1. 夜間航海技術を学ぶ
    アドバンストコースでは、危険な夜間航海が伴います。夜間は走らないから大丈夫と考えやすいのですが、期待が裏切られるのが海の現実です。予報とは違って、天候は急変します。予定通りに入港できないことは、よく起こります。またチャンスと見たら、夜間を厭わずに走り続ける必要も生じてきます。技術を磨くことで、チャンスを活かすことができるようになります。
  2. ナビゲーションを学ぶ
    夜間航海では他船や陸の目標は視認できません。他船の航行状態は、航海灯の灯火で判別して衝突を避けます。航路標識や灯台は灯質を識別して、自艇の現在位置を割り出します。
  3. 荒天帆走の技術を学ぶ
    危険性を認めて、嵐との遭遇に備えことで、対処ができます。危険から逃げるのではなく、危険が伴うから価値があると考えて荒天帆走の技術を学びます。
  4. 安全装備を学ぶ
    安全装備の使い方を、高波の中や夜間に繰り返し練習します。個人装備の大切さを実感と共に学びます。
  5. 長距離航海の技術を学ぶ
    「技詳しからざれば、肝大ならず」宮本武蔵の五輪の書です。技術の向上とともに、自信が身についてきます。

中型ヨットのスキッパーとして、夜間航海を含む3、4日間のクルージングを実行できる技術をマスターするコースです。


 

中型ヨットのスキッパーとして、長距離のクルージングを、いかなる天候でも安全に実行できる技術を学びます。未知の海域で長距離航海を行う、4日間連続の最上級コース。


 

ヨット教育では、最高峰の外洋航海コースです。六分儀を使い、天文航法でナビゲーションを行います。ヨットのスキッパーとして、外部の援助を頼らずに、長距離のクルージングを安全に実行できるようになるためのシーマンシップを学びます。


 

ASAヨット教育法をマスターし、世界に通用するASAインストラクター資格を取得するコース。ヨットのベテランであるだけでは、インストラクターにはなれません。高度なインストラクター試験が待ち受けています。