08/06:“落水者救助法イベント”プログラム一部変更になりました。

青木ヨットスクール落水者救助法イベントのプログラムが一部変更になりました。下記、ご確認下さいませ。

▼8月7日(土)13時~17時
13時~14時(青木ヨット教室)
オリエンテーション
基本となる落水者救助法3種類について講義とディスカッション
・クイックストップ法
・クイックリターン法
・8の字救助法
14時~16時30分(田尻マリーナ沖)
ヤマハ23、ヤマハ23Ⅱ、ヤマハ30Sの3艇に分乗し、各救助法の練習。
各救助法の練習をボートより写真、ビデオで撮影する。

▼8月8日(日)9時~16時
9時~9時30分(青木ヨット教室)
 前日の練習を受けてディスカッション
9時30分~10時 救命胴衣テスト準備


10時00分~11時00分(田尻マリーナ内青木ヨット前水面)
実際にさまざまなタイプの救命胴衣を身に着け、救命胴衣・救命具のテストを行う。状況は写真、ビデオにて撮影。それらの資料を今後のスクールに役立てる。
テスト予定救命胴衣及び救命具
1.ベスト型発泡体入り救命胴衣(初期浮力8.3kg)
2.首かけ式発泡体入り救命胴衣(初期浮力8.8kg)
3.自動膨張式救命胴衣(水感知式、初期浮力10.0kg)
4.自動膨張式救命胴衣(水感知式、初期浮力18.0kg)
5.自動膨張式救命胴衣(水圧感知式、初期浮力18.0kg)
6.自動膨張式救命胴衣(水圧感知式、初期浮力16.0kg)
7.自動膨張式救命胴衣(水感知式、初期浮力11.5kg)
8.発砲体入り小型船舶用救命浮環
9.レスキューライン(プラスチモ社)
10.ライフスリング
11.ペットボトル
11時~12時 昼休み
12時~15時(田尻マリーナ沖)
3艇に分かれ、実際に人間が落水し、救助する実地訓練を行う。(各艇ごとに3種類)

15時~16時
落水者救助法についてディスカッション
まとめ

Comments are Closed