ヨットAH24の造船所、ニシエフを訪問

信天翁24は、FRPの本体を株式会社ニシエフで制作してもらっている。ニシエフはFRP救命艇、漁船、複合艇などを建造しているFRP船造船所だ。そのFRP造船技術は日本を代表するモノつくり企業として、定評がある。本社は山口県であるが、AH24を造っているのは福井県小浜工場だ。

制作細部の打ち合わせのために、小浜を訪問した。小浜は「ちりとてちん」で知られる、はしの産地だ。ニシエフは町の中心となっている小浜港に面した大きな工場だ。

FRPの造船技術は、職人の腕に大きく左右される。FRP自体は高度な素材であるが、素材を適切に成形する作業は、高い技術を必要とする。
AH24は使用するポリエステル樹脂とガラス繊維の構成が、定められている。設計図と仕様書に忠実に施工するのであるが、常に重量と強度のバランスを図らねばならないので、現場の工夫が欠かせない。

ニシエフはISO9001認定造船所
ラダーの接着方法の確認
信天翁の制作担当、中村さん(右)
ハルの内側にインナーハルを接着
製造部の中村さんは、腕利きの職人
接着部分を丁寧にサンディング
デッキの裏側も厚さをそろえる
接着前のデッキを仮合わせ




Comments are Closed