新世代ネオジウム磁石を採用

ネオジウム磁石

ネオジウム磁石

LMCエレクトリック・エンジンはデンマーク製ですが、その卓越したトルクを生み出すのは、日本で生まれたネオジウム磁石です。ネオジウム磁石は現在、世の中にある磁石で最も強力な磁石です。
希土類(レアアース)金属の一種であるネオジウムと鉄、ホウ素(ボロン)が主成分です。
1cm平方の面を持つ着磁したネオジウム磁石同士をくっつけただけで、普通の人の力では引き離せなくなるくらい強力です。
身近な製品ではHDD、DVD、小型スピーカ、時計、携帯電話、ハイブリッドカー、横型洗濯機などのモーターに使用されています。
ネオジウム磁石と多層ディスクフィールドとの相乗効果で、従来製品の2倍となる88%以上(各モデルによって差違があります)の推力変換効率を達成しています。
下記のような旧世代のDCモーターは、現在でもボート推進用として使用されています。しかしながらフェライト磁石を使用しているため、LMCアスモ・エレクトリックエンジンのように、十分なパワーと変換効率を達成できません。その結果バッテリーによる航続時間は、1/2以下となります。

旧世代フェライト磁石モーター

旧世代フェライト磁石モーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です