必要十分なサイズ

24フィートという必要十分な大きさ
これまでのヨットは、使うことのない装備をつけすぎていました。一人で容易に動かすには、大きすぎました。過大な体力と係留費用が必要です。その結果ヨットがかえって、苦しみの増大となっていたのではないでしょうか。
AH24はクルーの助けを当てにせず、気のおもむくままに海に出て、旅を続けることができるサイズです。一人でも家族とでもくつろげます。28フィートクラスの長い水線長が広くて背が立てるキャビン空間を、可能にしました。そしてセーリング時に安眠できるクォーターバース(後部)を両サイドに確保しました。しかもトイレルームは独立させ、安心して使えます。

広くゆったりとくつろげるキャビン

広くゆったりとくつろげるキャビン

オープントランサムで使いやすいコクピット
サバニ船型は後部の予備浮力が十分あるため、トランサムを解放できました。クルージング時には洗い物や、水遊びに実に使いやすくなりました。広いコクピットはセイリング中も港へ着いてからも、ゆったりと楽しめます。コクピットテーブルの設置も可能です。

cockpit6

取り外し式コクピットテーブル

 

エンジンは4ストローク船外機8馬力
エンジンは船外機をおすすめします。4ストロークエンジンは静かで、燃費も従来の2ストローク船外機に比べ約半分ですみます。発電機が標準装備の機種も選択できます。ご希望に応じてエレクトリック・エンジン船内機も搭載可能です。

 

船外機をオープントランサムへ搭載

船外機をオープントランサムへ搭載

エレクトリック・インボードエンジン

そしてさらに環境負荷の少ない、エレクトリック・インボードエンジンの積載が可能になりました。これでディーゼルエンジンの騒音と、振動から解放されます。プラグイン・チャージャーとソーラーパネルの装備により、燃料油はもう必要ありません。5ノットのクルージングスピードで、約4時間から6時間の走行が可能となります。最新テクノロジーによって開発された、デンマーク製のASMO-Thoosa6000は9.5馬力と、小型ディーゼルエンジンを上回るパワーを発揮します。最大速力は6.5ノットを記録しました。

エレクトリックエンジンを搭載したAH24

エレクトリックエンジンを搭載したAH24

コメントを残す