コクピット

AH24コクピット装備

コクピットはクルージングの時は、キャビンと並ぶ大切な生活空間となります。食事の場となり、読書の場となり、昼寝のいこいの場所となります。しかしセーリングの時は、操船のための場へと変わります。さらに嵐となればコクピットは、戦闘の修羅場へと一変します。望んではいなくとも、海を航海する限り、常に備えが必要となります。
AH24のコクピットは、これらの相反する要素をコクピットの中に実現しました。経験を細部にわたる工夫に活かしてあります。

ah24-cpt
水泳や釣り、洗い物が実に便利です。汚れても直ぐに洗い流せます。また大波が打ち込んでも、直ちに流れ出るので、重心上昇の危険に陥りません。

 

 

 

 

ah24-cokpittable
組み立て式テーブルを設置して、食事の場所に変身します。メインシートトラベラーを使用しないので、足下も安全。

 

 

 

 

 

cockpit-corner
コックピットの座席コーナーは、エッジをつけて滑り止め加工を施しました。ヒールしたときに踏ん張るために、足を乗せます。他艇のように丸めた平滑面では、体を支える事が出来ません。

 

 

 

 

 

cockp-jibsheet
ジブシートトラック、シートウインチ、ジャムクリートを一人で使えるようにレイアウト。

 

 

 

 

 

cockp-locker
コックピットロッカーは、セルフドレインにしました。内部を水で洗い流す事が出来ます。ロッカー内にはフェンダースペースも設けました。

 

 

 

 

 

cockpit-engine
船外機は最大9.9馬力の4ストロークエンジンが搭載可能。8馬力、5馬力が選択できます。インボード・ディーゼルまたはエレクトリック・インボードエンジンも搭載可能です。

コメントを残す