オープントランサム

  • オープントランサム

    陸上の別荘とは違って、ヨットは海を走る乗り物です。遭遇したくないと願っていても、嵐は向うからやってきます。逃げるにしても戦うにしても、操船の戦場となるのがコクピットです。
    豪華なキャビンには誰しも憧れますが、操船の場となるコクピットは、キャビン装備以上に重要ではないでしょうか。

  • トランサム幅が大きいZen 24では、船尾に十分な予備浮力があるために、トランサムをオープンにする事が出来ました。
    外洋では大波で、ヨットが大きくヒールしたり、転覆するとコクピットへ大量の海水が流入します。24フィート艇のコクピットであっても、流入した海水は600kgを越える重量となり、ヨットはたちまち不安定となります。
    しかしオープントランサムでは、大量の海水を瞬時に排水できます。そして戦いを継続することが可能となります。
  • AH24の原型となった木造艇は、世界一周を成し遂げました。吠える40度線の大波を受けて転覆したときも、オープントランサムによって救われたといいます。
    後ろに開いているので、物やクルーが落ちないだろうか。嵐の中でもテストを重ね、確かめましたので、ご安心下さい。

cockpit5
オープントランサムは水泳や釣り、洗い物が実に便利です。汚れても直ぐに洗い流せます。

 

 

 

 

 

 

cockpit6
トランサムにはスイミングラダーを設置できます。船外機にも直ぐ手が届き、操作がしやすく安心です。

 

 

 

 

 

 

enginblacket
トランサムへボルトで直づけした、TAYLOR製の大型船外機ブラケット。PET樹脂製なので木製と違って腐りません。

コメントを残す